2016年7月15日金曜日

臭いニオイは元から絶つ

 その昔、こんなメッセージを前面に出したCMがありました。フタをするのは対症療法。根本的には
ニオイの元を排除することがベター。
 結果には原因があり、原因を退治することが肝要ということです。肩が凝ったからさまざまな方法でほぐす、というのは対症療法。原因になる行動を排除すれば、肩も凝らないことりなります。
 何と言ってもこれが理想といえるでしょう。


 ミラクルな手術技能を持つスーパードクターがTVで紹介されるのを見ていると、病気予防に命を懸けているドクターに光が当たらない?不思議を感じます。
 生死を彷徨う疾患、予期せぬ被災・事故等々平穏な日常が破壊された時、当たり前の日常のありがたさを、恐らく初めて痛感するのでしょう。
 人は不幸に敏感で、幸福への感度は鈍いのかもしれません。
 生じた不幸からの反転は至難の技。なので逆転の秘技を持つスペシャリストには、おのずから注目が集まります。

原因と結果。善因善果、悪因悪果。

 生活習慣病で亡くなっている人が6割という現状があります。原因が生活習慣なら、習慣を改善すればいいと単純にはいかないこの現実。
 何事にも根本の原因を考えるという習慣(事象の本質を捉えようとする思考の習慣)も大事でしょう。

 そして平穏な日常を送れる幸せにも敏感でいたいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿